インプラント

インプラントは、「第2の永久歯」として半永久的な維持も不可能ではありません。

不幸にも失われてしまった歯の部位に、チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、人工の歯をかぶせることで、天然の歯に近い機能と見た目を再現するのがインプラント治療です。

  • 入れ歯やブリッジのように、周辺の歯を削ったり支えに使ったりしないので、ほかの歯に負担がかからない。
  • あごの骨に直接固定するので、天然の歯と変わらない噛み心地を実現できる。
  • 見た目に不自然さがなく、美しく仕上がる。

また、あごの骨が痩せてしまっている方であっても、ソケットリフトという方法を用いることでインプラント治療が可能となる場合があります。

より安全なインプラント治療のために

当院では院内での歯科用CTによる診査、また正確な3Dシミュレーションで精密な手術を支援する「アイキャット」システムを用い、より安全性の高い処置をおこなっております。しかしインプラント治療は人工物を骨に埋め込むため、ご不安を抱かれる方がいらっしゃるようです。

  • データで見ると、上あごの歯で80%以上、下あごの歯で90%以上の成功率。
  • チタン材料は骨折などにも使われ、アレルギーの心配はほぼありません。
  • 治療後の適切なメンテナンスで長持ちさせることができます。

当院は患者さまの生涯のご満足のため、安全かつ適正な治療を第一に優先した治療をご提供しております。

インプラント治療の流れ

1)検査・診断

歯科用CTを用い、インプラントが可能かどうかを詳細に検討します。

矢印

2)1次オペ

あごの骨にインプラント材を固定します。歯茎を閉じ、人体と結合するまで3~6カ月待ちます。

矢印

3)2次オペ

アバットメントと呼ばれる歯の土台を取り付けます。

矢印

4)仮歯

アバットメントに仮歯をつけ、噛み合わせを見ます。

矢印

5)かぶせ物の装着

嚙み合わせの安定を確認して、被せ物を装着します。

矢印

6)メンテナンス

インプラントを長持ちさせるには、定期的なメンテナンスが必須です。1カ月間隔でクリーニングをおこない、状態の安定を見て間隔を空けていきます。

インプラントQ&A

Q

人体に影響はありませんか?

A

生体親和性に優れたチタンを用い、また骨や歯茎へのダメージが生じない構造となっており、人体への悪影響はまず考えられません。

Q

どのくらいの耐久性がありますか?

A

データで見ると、10年~15年後にきちんと残っている確率は約95%です。カギを握るのは定期的なメンテナンスです。

Q

治療期間はどのくらいですか?

A

個人差がありますが、3~6カ月以上を見ていただかなくてはなりません。

Q

手術の際、入院は必要ですか?

A

入院する必要はありません。

うりわり歯科診療所 TEL:06-6769-8200 ベルパークデンタルクリニック TEL 06-6927-0158 大手前歯科診療所 TEL 06-6941-1189