歯周病

スタンダードな治療を安全に、確実に。
「自分が受けたい治療」を念頭においたサービスを提供します。

このような症状はありませんか?

口臭があると言われた
起床時、口の中がネバネバして気持ち悪い
歯に食べ物が挟まりやすくなった
ぐらつく歯が出てきた
鏡で歯を見ると、長くなっているような気がする
歯茎が赤く腫れているような気がする
ものを噛むと痛みが走る
歯磨きをすると出血する
歯茎が腫れている
歯の周辺から膿が出ている

以上のチェックにひとつでも当てはまる方は、歯周病かもしれません。

歯周病の原因

歯周病は、歯周病菌が「歯周ポケット」といわれる歯と歯肉の隙間で繁殖し、さらに奥へと進行することで症状を悪化させていきます。
歯周病の原因は、ほとんどがプラーク(歯垢)です。また、以下が原因となっている場合もあります。

歯の噛み合わせなどが悪く、歯に不自然な圧力がかかっている
糖尿病
心身のストレス
タバコ
骨粗しょう症

上とは逆に、歯周病のせいで骨粗しょう症が悪化するといったこともあります。
また歯周病は、血管に入り込むことで虚血性心疾患や早産の原因となる可能性も指摘されています。

歯周病の進行

1)健康な歯

歯茎は薄いピンク色で、弾力と張りがあります。歯と歯肉の間の溝は0.5~2ミリ程度。歯磨きによる出血はありません。

矢印

2)歯肉炎

炎症によって歯肉が赤みを帯び、腫れてきます。歯と歯肉の間は3~5ミリになり、歯周ポケットとなります。この段階なら歯垢を丁寧に取り除き、毎日の正しい歯磨きで治療可能です。

矢印

3)軽度の歯周炎

歯茎が真っ赤になり、歯周ポケットが4~5ミリに広がります。骨が溶け始め、歯磨きの際に膿が出ることも。スケーリングやレーザーを使って治療します。

矢印

4)中度の歯周炎

膿がたくさん出て口臭がするようになります。歯茎は赤紫色になり、歯根が露出し始めます。歯周ポケットは5~7ミリに。この段階になると、歯茎を切開してプラークや歯石を取り除く「フラップオペ(歯周外科手術)」が必要になります。

矢印

5)重度の歯周炎

歯がグラグラし、歯茎はブヨブヨに腫れてきます。歯周ポケットは7ミリ以上になり歯が長く見えます。ここまで来ると抜歯の可能性が高くなりますが、再生療法によって歯周組織を元に戻せる場合もあります。

歯周病を予防するには

正しい歯磨き

歯周病予防の基本は、何といっても歯磨き(ブラッシング)です。
どんな人も、歯の周りには歯垢が付着します。毎日のブラッシングで歯垢を取り除くことで、歯周病菌が繁殖する原因を減らしていきます。
もちろん方法が正しくなければ意味がありませんので、当院でも丁寧に磨き方をレクチャーさせていただいております。
ただし、歯磨きですべてを除去するのは不可能です。定期的に歯科医のもとでメンテナンスすることで正しいプラークコントロールが可能となります。

よく噛んで食べる

よく噛むことで、唾液がたくさん分泌されます。唾液は細菌を洗い流す効果があり、歯周病だけでなく虫歯や口臭の予防にもなります。また食べ過ぎも防ぐことができます。

生活習慣の改善

歯周病は、生活習慣病のひとつとされます。睡眠不足、ストレス、喫煙の習慣、運動不足などが歯周病の原因につながったり、また治療して治りやすいかどうかに大きな影響を与えます。

うりわり歯科診療所 TEL:06-6769-8200 ベルパークデンタルクリニック TEL 06-6927-0158 大手前歯科診療所 TEL 06-6941-1189